この度は音響免疫療法学会公式ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

目的と事業

本学会は映画、テレビ、音楽を脊髄で楽しみ、心と身体を健康に導く最先端医学を超えた音響免疫療法を研究。
世界中の多くの病に苦しむ人々を救うため、NGO/ 音響免疫療法学会を発足しました。
本学会は、医療とエンターテインメントを融合させ、病を治す患者主体の統合医療への転換。
自然療法を追求し、障害の回復、機能と体質の改善に応用。
西洋医学中心から、生命力と自己治療力を高める最先端の自然療法を応用、医学、健康、福祉、教育の分野で社会に貢献することを目的とする。

音響免疫療法とは

耳で聞く録音した自分の声は他人の声に聞こえます。
空気の伝える気導音は感動が伝わりにくいです。
『私達は空気の伝える音を死んだ音と呼びます。』耳で聞く音楽療法は、効果が少ないのはこのためです。
身体が求める響きは、全身と頭蓋骨に響く生きた低周波の骨導音で震わせる自分の声です。
胎児を育てる母親の羊水の響きは、身体を震わせる生きた音です。
胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の元気な細胞を育てます(年を重ね50 歳の細胞の水分は50%)。
『私達は胎児を38℃に温める響きを生きた音と呼びます』。
身体は、体温が低下するとブルブルと全身を震わせ、発熱し温めます。
胎児を38℃に温める羊水の響きのメカニズムを研究、最先端医療とエンターテインメントを融合し、先端医学に応用したのが音響免疫療法です。
医師の薬と手術は、病を治す手伝いにすぎません。
病は自己治癒力でしか治せません。
日本人の多くは、医師の薬が治すと信じています。
あなたの病が治らないのは、自己免疫力を高めないからです。
健康のことを考えない人ほど、近い将来、切実な病のリスクを背負うことになります。
医学の世界では体温を38℃に高め、60 兆個の細胞を若返らせるとノーベル賞を超えた神の領域と言われています。
私たちはタイム・トウ・チェンジ(変わる時)を提案します。
猫のゴロゴロの響きも自分で病を治す、世界で最も進んだ医療行為と言えます。

お問合せ
TEL:03-6303-9727
MAIL:onkyomeneki@gmail.com
〒141-0031
東京都品川区西五反田2-31-4 kkビル3F

研修用資料

最新の投稿

38℃の胎児の体温はがんに勝つ

「体温を39.2℃に上昇させると熱に弱いがん細胞が死滅する」「マラリアに感染すると高熱でがん細胞が消える」は、がん専門医の間では有名な話です。
熱に弱いがん細胞に勝つため、私達は胎児を38℃に温める母親の羊水の響きに注目しました。
人間の60 兆個の細胞を38℃に温め、熱に弱いがんに勝つ最先端医療に羊水の響きの音響免疫療法を応用しました。
胎児の細胞の水分80%、50 歳になると細胞の水分は50%となります。
胎児のように体温を38℃に温め、水分80%の若い細胞に蘇らせることが、がんを防ぎ、がんに勝つのです。
がん細胞は強い磁力を持つ鉄イオンを取り込んでいます。
がん患者に貧血が多いのは、このためです。
ホットカイロは酸化鉄を酸素で発熱させます。
多くの鉄イオンを持つがん細胞も同じように激しい響きで発熱します。
胎児の尿で汚れた羊水を浄化するように、響きは細胞の水分を活性化。
元気な若い細胞に若返らせます。
私達の身体は体温が低下すると身体を温めるため、全身の筋肉をブルブルと震わせ、熱を生みます。
体温と自己治癒力を高めるメカニズムを持っています。
38℃の体温で解熱剤を使う西洋医学は間違っています。
抗がん剤投与は正常な細胞とがん細胞を「一緒に殺し」免疫力を低下させ、生命力を奪ってしまいます。
毎日、自宅で聴く音響免疫療法は胎児のように38℃に細胞を温め、がんに勝つ体質にします。
がん細胞は発熱するとがん臭を出し、部屋に匂いを残します。
毎日、ご自宅や病院で長時間、音楽を楽しまれることをおすすめします。


《セミナー講演会》
ゼロ磁場音響細胞再生医療開発者 西堀貞夫
テーマ「死が怖くない!生命の急所、脊髄に響く音響免疫療法」
時間:13:00受付 13:30~16:30
参加費:無料
ご予約制です

詳しくははこちらから
http://音響免疫療法セミナー.net/
研修用資料


生命の急所、脊髄でテレビ・映画を見ると耳の音では聞けなくなります
死が怖くない、心が幸せ感に包まれる 生命力を高める驚異の映像音響システムは、世界特許を取得しています。
中国特許 ZL200480028157
アメリカ合衆国特許 7771375
ロシア特許 2401037
日本特許 第4907991
ヨーロッパ特許 EPC 13829
韓国特許 10-1091781


ご試聴やご相談は、以下の時間枠でご予約を受け付けておりますので、
ご希望の日時と人数をメール又はお電話でご連絡ください。

平日 11:00~(約3時間)/14:00~(約3時間)

それぞれ、ご説明の時間を含め3~4時間の時間を余裕をもっていらして下さい。
音楽で体温を上げるため、たくさん発汗しますので、バスタオルを2枚ご持参ください。
また、試聴の前後に体温を舌下で計測して頂きます。体温計のご用意はありますが、気になる方は、ご自分の体温計をご持参ください。

NGO国際音響免疫療法学会
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-31-4 KKビル3階
電話番号:03-6303-9727 FAX:03-5487-0505
Mail:onkyomeneki@gmail.com


中国医学の最高機関と中国衛生部と解放軍総合病院は
解放軍総合病院(301)
解放軍南京軍区85医院
北京大学
上海中医大学付属 普陀区中心医院
沈ヨウ軍区精神衛生中心 東北三省旅順215医院
江ソ省常州市182医院
上海武警中隊癌症中心
北京郊区216部隊精神中心
などの中国の最高機関と共同で最新医療を進めております。
中国の最新医療、音響免疫療法患者の会/NGO/非政府組織委員会を組織しています。